スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

the pillows my footツアー ファイナル@Zepp Tokyo

本日は,pillowsさん,ツアーファイナル,かつ,初Zeppの日.
そして自分自身も,Zeppで40番より前なんてのは初体験!ってわけで,なんだか落ち着かず,開場1時間以上前に会場付近まで行き,物販がえらく空いてるのを見て,ついついタオル買ったりなんかしちゃってたのでした.
(買わないつもりで,名古屋では見送ったのだけれど,あまりのヘビーユースにそろそろ次を用意しておかないとまずいかな的状況に昨日気づいたっていう…^^;)

開場時刻になり,番号で呼ばれたものの,すぐは中に入れず,中に入っても左奥の扉付近まではゾロゾロと誘導されて,みんな大人しくゾロゾロ歩いていったのでした.うおーなんか新鮮.二桁の人たちって,いつもこんな風に入場してたんですか?(全然知らなかったYO!)

前方まで列でゾロゾロ歩いてったところで,前から1番目と2番目の扉だけがあいていて,それに気づいた瞬間みんなダッシュ!(笑)

無事,Peeちゃんスタンド前の最前をゲットして一安心.そのまま開演をぼけっと一人で待ってる間,今回のツアーのことをいろいろ思い出してたら,ツアーファイナルという実感が急激に襲い掛かってきて,ものすごく緊張してしまったヨ…

20分前.キューさんがPeeちゃんのフットスイッチのボックスを一つ交換だか追加だかをしにステージ上へ.それにしてもPeeちゃんの足元ってのは,一体いくつ使ってんのー?!ってくらい大量のボックスが並んでて,圧巻.

5分前.ドリンクセット.マイクチェックなどなど.

そして結局10分押しくらいで,いよいよスタート!

というわけで,真のバスターズさんたちのレポには到底及ばないけれど,私的覚書のためのレポいきまっす!

■今日も皇室スタイルなのね
今日のさわおさんは,久々にラグラン.(なのであのぅ……途中から気になったっす,例のアレが…^^;)
Peeちゃん,My foot東名阪からの新Tシャツ.

いつものように,
 gazelle citySE
 MARCH OF THE GOD
 rock'n'roll sinners
 Non Fiction(『なんにも怖くないぜ~~~~っ』まで)

Non Fictionブレイクでは,またしても,お澄まし顔での皇室手振り!(しかも今日は3方向に向かって)
こないだのO-Eastから気に入ってますなぁ.
今日なんて,左側の髪をかき上げて耳にかけちゃったりしてサ!
でもここでのおしゃべりは,やっぱり
さわお「こんばんは,the pillowsです!」
の一言だけなんだよね(笑)
あー,この変な自己紹介もツアー終わったらもうやらないんだよね,きっと…
(アラバキはまだツアー引きずってそうだから,やるかもしんないけど)

 Non Fiction(続き)
 Degeneration

■初Zepp最初の一言
どう来るかなと思ってたんだけど,

さわお「世の中には下らない歌が溢れてるのに,
    それに惑わされないロック好きがこんな大勢居るなんて嬉しいじゃないか!
    今日は,みんなの耳の奥を突き抜けて心に届くロックミュージックをやってやる!」

で,bubbletownへ.

 Hello,Welcome to Bubbletown's Happy Zoo
 Ride on Shooting Star
 空中レジスター
 mighty lovers

bubbleでPeeちゃんが体を二つに折って口をパカってあけて,ギター熱唱,じゃなくて熱演?してたんだけど,やばいくらいにかっこいいんだこれが!!!
今日絶好調じゃなかった?

■新曲は踊ろう!
さて,ここで新曲.ふざけた歌なんだけど…といつものように紹介しつつ,
さわお「新曲なんだけど,ロックな曲だから,歌詞を聴こうとせずに,ロックらしく踊ってくれないか?」
そういえばMy footがサードアイツアーあたりで解禁になったときも,そんなこと言ってたなぁ.あとでビデオ見るときに,なんか曲のノリとお客さんのノリが合ってないとかって.

というわけで,新曲プロポーズで次のタームスタート.ここは愛の歌特集?!

 新曲プロポーズ
 My beautiful sun (Irene)
 I know you
 my girl


■メンバー紹介
さわお「今日俺絶好調だなぁ.飛んだら上に届きそうだもん.」

というわけで,メンバー紹介スタート.

さわお「ベース,鈴木淳といいます」
淳「僕も絶好調です.
(ちょっとだけ噛む.緊張してた?(笑))

  なんかここに立っててもスペシャルな気分だもん.
  お客さん一杯来てくれてるんだよね?暗くてよく見えないんだけど…あ,見えました.

  (照明さんが気を遣って客電を少しだけつけてくれた!)

このあと,ベース頑張りますとか最高の夜にしますとか言ってたような気もするんですが記憶無し.

さわお「真鍋君.」
Pee「僕は相変わらずです……いつも絶好調ですから.
  相変わらず絶好調!
  Zeppは今日初めてだったのですが,さぁリハーサルをするぞ!
  って行ったら,なんか小さい会議室みたいなところに
  出てしまいました…
  相変わらずです.」


ふはは.そうだよね,地方遠征に行くと,ハコが分かんなくて道に迷う人だもんね,Peeちゃんは(笑)

さわお「シンイチロウ君.」
シン「最近競馬がぜっ不調です.
   今日も負けました,
   多分明日も負けるでしょう.
   …よろしくお願いします.」


おおーい(汗)
シンちゃんいつものシンちゃん節ってわけにはいかなかったか^^;
ちょっとキレが……これまた緊張?(笑)

で,次の曲への導入.
さわお「今回結構古い曲をやってるんだけど,これは14年くらい前につくった美しい恋の歌です.」
で,彼女は今日がスタート.

 彼女は今日
 さよならユニバース
 ストレンジカメレオン


■16周年ご挨拶

さわお「無事16周年迎えて17年目に入りました.
    ストレンジカメレオンを作ってた1996年頃の僕は
    自分には未来なんかないのかなと思って,
    10年後こんなに良い気持ちでステージでやっていられる
    なんて思ってもみなかった
    ピロウズを好きになってくれて,ありがとう.」

さわお「みんなに伝えなきゃいけないことがある.
    残念なことに,世の中は純粋なものばかりじゃない.
    でも信じてる人がいる.信じてるから,希望も生まれてくる.
    どんな未来が待ってたとしても俺たちは絶対に負けないから,
    だからずっと見守っててくれ.
    …一番新しい希望の歌を」


で,my footがスタート.
残念なこと…って言い出したところで,一瞬ギクっとしたんだけど(えっなになに?!って)
そのあとのクダリでもうなんつうかキてしまい,my foot1番の間は,ずっとずっとタオルの世話に….

 My foot
 サードアイ
 その未来は今
 gazelle city

■アンコール
 funny bunny
 Dead stock paradise
 Another morning

ファニバニの弾き語り.名古屋,大阪とやって,追加ではやらなくて.
今日はどうなるのかなと思ったら,ちゃんとやりましたね,弾き語り.
事前に情報ゲットせず,今日を迎えた人は,感動もひとしおだったことでしょう.
羨ましい(って名古屋で同じ状態だったけどさ(笑))

最前だったので,始まった瞬間にバーへ.(後ろには誰も居ないので迷惑はかけてないと思いますが…)
人の波の遥か向こうに,みんなに囲まれて弾き語ってるさわおさん.
君の夢が…のところで皆が拳を上げてるのはほんとに壮観でした.

名古屋の時も思ったのだけれど,なんかね,大好きな人が,その人を大好きな人たちに囲まれて幸せそうなのを見るのって,すごくすごく,幸せな気分です.
それが,この人の海の中!
名古屋のときと違って視界が歪むことは無かったけれど,良いものを見てしまったなぁ…そんな気分でした.

終わるほんの数秒前くらいにステージの方にPeeちゃん達がスタンバイし始めて,終わると同時にDead Stock Paradiseスタート.
さわおさんが戻ってくるまでの間,楽器隊がつながなければならないので,Peeちゃんがステージ下手まで出張サービス(笑)

デッドストック終わったところで

さわお「アンコールありがとう
    最高の夜じゃないですか?」

このあたりでだったか,

さわお「今日は飲んじゃいそうだなぁ」


いやーん,なんかすっごい嬉しそう(笑)

最後,退場前に,

さわお「今,どんどん新曲作って,ふざけた曲もかっこいい曲も
    いっぱい増やしてるところだから,待っててくれ!」

さわお「myfootツアー.死ぬまで忘れない!ありがとう.」



■ダブルアンコール

さわおさん,下手でグータッチ.
Zeppはちょっと距離があると思うのに,頑張って手を伸ばしてたよね.
(そしてまた,グーにしろっていう指導を…(笑))
んでその後,定位置に来てスタンバイするんだけど,ペットボトルの水を飲んでて,あー飲んでるなぁと思ったらば……吹いた?!
おお,これが噂の…!
いやあの,かるぅく水しぶきがかかる距離におりまして……いかんいかん,笑いが止まらない!(ごめんさわおさん 爆笑)

 hybrid rainbow

曲が終わり,捧げてピック投げて満足そうに目の前を横切っていくPeeちゃんを,若干顎を引いてやり過ごしてから一言.

さわお「……もう何にも言うことないわ.ありがとう.」

ステージ下手に去っていくさわおさんを見送ってたときに,ふと視界に動きを感じて上方を見上げたら,二階の通路をスタッフに先導されて足早に歩く数名の人々.その中に細美さんを発見.やっぱりいらしてたんですネ.

***

ダブルアンコール.メンバーが去ってからも,全然拍手やまず.
曲が終わってもお客さん全然帰らずに,ずっとずっとエンドレス拍手.
メンバー多分出てこないって分かってたけど,なんか動けなくて….

2月末に埼玉から始まったMy footツアーは約2ヶ月.
自分の参加は,そのうち全7ヶ所.
死ぬまで忘れないって言ってたさわおさん.
言い切ったすがすがしい顔が忘れられないです.

ピロウズさん.
ほんとにほんとにお疲れ様でした!

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

コメント

終わっちゃったね!!

Zeppの最前・・・。恐い・・・。
でも柵が細かいから、そんなにプッシュは強くないのかな。

>なんだか落ち着かず,開場1時間以上前に会場付近まで・・・
って、なんだか可愛いZO!
ファイナルだから、気分的にもよけいかな?

毎週末ライブのあった3月が、懐かしいですね。
ファイナルもとても良いライブだったようで、なによりです。
お疲れ様でした。

終わっちゃったよ…TT

通勤経路だから,到着時間とか完璧に予想できるのに,家に居ても3分おきに時計見てはウロウロウロウロしてて,もういっそ家出ちゃおう!って(笑)
ゼップは思ったほどプレスきつくなかったです.痣とか打ち身だらけだけど,12月のクワトロの方が暑かったしきつかったヨ…
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。